合格体験記
木谷 百花 さん
( 富山中部高校卒 )
京都大学(医/医) 進学
 高校2年生の夏にオープンキャンパスで京都大学にぞっこん惚れ込み、そのまま無茶な挑戦をした高校3年生の冬。見事に砕かれた私は、地に足をつけて勉強しようと、地元富山で浪人することに。浪人生活は暗くてじめじめかと思っていましたが、育英予備校の校舎内は明るいし、自習環境も自分に合った自習場所があって、現役時より勉強に集中できました。受験勉強だけでなく、将来に向き合う時間も取れて楽しくもありました。また、地元なので気の知れた友人と一緒に勉強できたのも良かったです。とは言え、志望校を諦めようと思ったことも数知れず…。センター後は迷いましたが、最後は初心を貫きました。心の支えとなってくれた友人、先生方、家族には本当に感謝しています。育英予備校で1年間頑張れば、成績はぐっと伸びます。本当です。
宮下 映見 さん
( 旭川東高校卒 )
京都大学(農/応用生命) 進学
 1年前の春、私の慣れない土地での浪人生活が始まりました。当時の私の学力では目標からはほど遠く、志望校を迷っていた時に、「研究がしたいなら京都大学!」と私の夢を第一に考えてくださったのは育英予備校の先生方でした。現役時代は色々な問題集に手を付け失敗したので、この1年は授業の予習・復習をメインにやりました。私が選択した講座の問題は難しいけれど、受験において大切な要素がたくさん詰め込まれていした。応用力が皆無だった私が京都大学入試に自信を持って挑めたのは育英予備校のおかげです。今年度入学するみなさん、今は絶望感でいっぱいでも、1年本気で頑張ればそれは言葉にならない喜びとなって返ってきます。来年の春に皆さんが笑顔でいられることを祈っています。
清水 巌雄 さん
( 富山高校卒 )
富山大学(医/医) 進学
 一年前に浪人が決定したとき、私は絶望感や無力感に苛まれていました。来年、自分が合格できるかどうか不安でなりませんでした。そんな私が今年、第一志望の大学に合格できたのは富山育英予備校で過ごした日々のおかげです。予備校では各科目によく精通した先生方が、合格に必要な知識・勉強法を教えてくれました。また、共に志望校を目指す仲間がいるため予備校での日々は想像よりずっと楽しいものでした。そして最も良かった点は、育英予備校の学習環境でした。自習ができる場所は非常に多く、朝8時から夜9時まで学習できるこの予備校の環境は私の学力向上に大きく寄与したと思います。これまでお世話になった家族や先生・友人にとても感謝しています。
尾﨑 亮介 さん
( 土浦第一高校卒 )
東京工業大学(第4類) 進学
 私は富山育英予備校に入学する時、現役時に不合格だった東京工業大学を再チャレンジすると決めていました。しかし、授業を受けたとき僕は自分の能力の無さにとても不安になりました。東工大の入試で必須科目の1つである理科の授業の内容はほとんどわからず、英語は文法力の欠落、数学は記述のつめが甘いなどたくさんの問題を見つけました。それでも諦めずに合格までこられたのは育英予備校の素晴らしい先生たちのおかげです。どんな悩みでも自分のことのように一緒に考えて相談にのってくれました。そんな先生たちがいたからこそ自分は本気を出しきることができました。そして、1年間ずっと休まず予備校に通い続け勉強しました。今こうして一年を振りかえってみると、とても苦しみましたが最高の思い出です。私を支え続けてくださった皆さんに本当に感謝しています。
松本 妃奈乃 さん
( 富山東高校卒 )
宇都宮大学(教育/学校教育) 進学
 私は、高校時代に勉強をしっかりやってきませんでした。そのため、自分の弱点克服や難問をとけるようにする予備校で、私は基礎からやり直さなければなりませんでした。全教科をまんべんなくこなすのは大変でしたが、自分のレベルに合った授業を受講できたので、自習と授業を両立していくうちに少しずつ学力が身に付いていきました。特に苦手だった英語は、英語科の先生が授業とは別にマンツーマンで一年間指導して下さったおかげもあり、無事合格をつかみ取る事ができました。始めは不安も多かった浪人生活でしたが、自分を鍛え直しレベルアップできたかけがえのない時間になりました。支えて下さった先生方、家族、友人には本当に感謝しています。ありがとうございました。
上田 優哉 さん
( 南砺福野高校卒 )
富山大学(経済/経済) 進学
 僕は理系から文系へと変えて自分が目指す職に一番近づける学部・学科を受験しました。最初は異なる環境になって不安や苦労もありましたが、育英予備校で出会った仲間と毎日努力していくなかでそれは自信や勇気に変わりました。今までの自分の学習方法を見直し、最後まで必死になって取りくんだこの1年間は、それまでの中途半端な自分を変える大きなチャンスだったのだと思います。1度失敗を経験し、それを乗り越えたことが今後の大学生活にもいかされてくると思うので、大学入学後も育英予備校で過ごした1年間のことを忘れず頑張りたいと思います。
若村 龍翔 さん
( 八尾高校卒 )
富山大学(経済/経済) 進学
 僕は現役時代、受験を意識し始めた時期が遅かったため、センター試験までに十分な勉強ができず、合格が絶望的になりました。浪人すると決めてからは、次は合格できるのかという不安はありましたが、育英予備校の授業や空き時間などの一分一秒を無駄にしないよう頑張りました。不安や辛さもありましたが、育英予備校の先生方のアドバイスのおかげで少しずつ自信へつなぐことができたと思います。そして念願の合格が分かった時は家族も先生も一緒に喜んでくれました。育英予備校で過ごした一年間はとても有意義なものでした。もう一年頑張ると決めて本当に良かったです。ありがとうございました。
澤田 凌 さん
( 富山中部卒 )
金沢大学(医薬保健/医) 進学
 僕は浪人が決まったとき不安でいっぱいでした。なぜなら僕は現役時代、勉強をさぼっていたわけではないからです。だから、一年間浪人して本当に成績が伸びるのかとても心配でした。しかし、育英予備校での授業で苦手を見つけ、それを1つ1つ潰していくところから始めました。1年間通して気持ちよく使える自習環境も自分にとっては大きなプラスになりました。現役時だったら後回しにしていた単元にも逃げずに向き合いました。その結果、成績は徐々に上がっていきました。嫌いだった教科への苦手意識もなくなり、勉強へのモチベーションもさらに上がりました。このような好循環を作り出せたことが第一志望合格につながったのだと思います。